二種類の漬け物 (2017年5月11日)



こんばんは!


今朝は満月でしたね。志布志は晴天でした。


今朝は、2種類の漬物を作りました。

20170511-01-yama_Fotor.jpg

まず一つ目は、

20170511-02-kuzu1_Fotor.jpg

葛です。

20170511-03-kuzu2_Fotor.jpg

採ったその場で漬けて…、

20170511-04-kuzu3_Fotor.jpg

完成です!

ツルの先端、つまり生長点だけだと量がとれないので、若い葉っぱも混ぜてみました。また、ヨモギ、竹の先っちょを細かく刻んだものも少量混ざっています。

つぎは、

20170511-05-dokudami_Fotor.jpg

ドクダミです。

採ったその場で漬けて完成です!

(漬物の写真撮り忘れました、すみません!)

こちらは、ミツバ、セリ、そして少量のヨモギが混ざっています。


ドクダミもヨモギも、色んな種類があるんですね。香りの立ち方、色・姿それぞれ違います。


ドクダミ、ミツバ、セリ、よもぎ、どれも素晴らしく香る野草です。

が、今朝発見したのは、葛の中にたまに得も言われぬ素晴らしい香りを放つものが存在している、ということです。

ドクダミなど他の葉・茎は全ての個体が一様に香りを放つのに対して、葛は稀に素晴らしい香りの物が存在しました。


あの香り、ほのかに甘い高貴な香りは、いったいなんだったのか?

僕の思い違いだったのか?つまり、他の草花からの移り香だったのか?


興味津々です。


さて、この漬物はどうなるか!?

絶食青年(2017年5月11日)

P.S. 前回以降、蓬の漬物は何度か作っていますが、ものすごい発酵をみせます。


●手すくい濾過芋焼酎 最高品質紺碧(こんぺき)なかまた、オンザロックまたは冷やでお飲みください!


konpekinakamata01.jpg

この記事へのコメント