絶食その後Part.4:絶食青年、韓国へ翔ぶ

kimjan-kids2_Fotor.jpg

皆さま、こんにちは!

絶食その後シリーズも、今回が最終話になりました。

絶食青年の腸内を爆発的に発酵させたもの、、、ズバリそれは、キムチです!

シュワッシュワに発酵したキムチ。これを少量でも食べると、ほとんど即座に、お腹がゴロゴロ鳴り出し、腸が蠕動運動を始め、ガスが出ます。

rio.jpeg
絶食の腸内イメージwww


(記事)よく熟成したキムチには、乳酸菌が1gあたり8億個含まれています。

(関連記事) 納豆との組み合わせ


というわけで、乳酸菌発酵食品の極、韓国本場のキムチをめざしつつ、仕込みをやりました!

<材料>

(a)

  • ・韓国産唐辛子粉 1
  • ・玄米粉 1/10
  • ・だし汁 1
  • ・黒糖 適量
  • ・粗塩 少々

(b)

  • ・アミの塩辛
  • ・イカの塩辛
  • ・にんにくすりおろし
  • ・生姜すりおろし

<作り方>

①ヤンニョムをつくる

だし汁を人肌くらいまで冷ましてから、(a)を混ぜます

発酵しやすい環境に置き、しばらくしてよく発酵してから、(b)を味を入れ、さらに置いて発酵させます。

よく発酵したら、冷蔵庫の低温環境で、2週間ほど熟成させます。

②白菜を塩漬けし、塩抜きする

白菜を根元から切り、濃いめの塩水につけます。(半日〜1日)

翌日、食べてみてうすく塩味がすればそのまま、塩味がきつければ水に浸して塩抜きをしてから、しっかりと干します。

↓今回は、5時間干しました。

shionuki_Fotor.jpg

③白菜にヤンニョムをぬる。

このオンニの動画を参考にしながら、白菜の葉に一枚ずつ根元からヤンニョムを塗っていきます。

この時、気分は完全にキムジャン中のオモニです。

kimjan-omoni_Fotor.jpg

できました。

yannyomutsuketa_Fotor.jpg

これを丸くくるんでジッパーにいれ、空気を抜いて封をし、24時間ほど暖かい環境においてなじませます。

jip_Fotor.jpg

その後冷蔵庫で低温熟成させます。韓国の人いわく「一月は寝かすよねー!」らしいですので、今回は一ヶ月寝かしてみることにしました。

キムチの乳酸菌( l-plantarum_moyashi.gif ←これ。名前は?)。胃酸にも強く、腐敗菌を退治してくれる心強い味方。果たしてしっかりと白菜を発酵させてくれるでしょうか!?

開封は今度の土曜の予定です。

P.S.
個人的には、l-plantarum_moyashi.gifコレの整腸作用だけでなく、l-plantarum_moyashi.gifコレが生成するγ-アミノ酪酸 [γ-aminobutyric acid = GABA]と、その機能(腎・肝への効能)に注目しています。


おまけ

ref_Fotor.jpg

絶食の冷蔵庫内です。(3/6撮影)
上段左が今回つけた白菜キムチ。隣はヤンニョムとオリゴ豆乳ヨー寒糖蜜ver.です。
下はその後つけた白菜、大根のキムチです

この記事へのコメント