絶食その後Part.4:絶食青年、韓国へ翔ぶ

皆さま、こんにちは! 絶食その後シリーズも、今回が最終話になりました。 絶食青年の腸内を爆発的に発酵させたもの、、、ズバリそれは、キムチです! シュワッシュワに発酵したキムチ。これを少量でも食べると、ほとんど即座に、お腹がゴロゴロ鳴り出し、腸が蠕動運動を始め、ガスが出ます。 絶食の腸内イメージwww (記事)よく熟成したキムチには、乳酸菌が1gあたり8億個含まれています。 (関連記事) 納豆との組み合わせ というわけで、乳酸菌発酵食品の極、韓国本場のキムチをめざしつつ、仕込みをやりました! <材料> (a) ・韓国産唐辛子粉 1 ・玄米粉 1/10 ・だし汁 1 ・黒糖 適量 ・粗塩 少々 (b) ・アミの塩辛 ・イカの塩辛 ・にんにくすりおろし ・生姜すりおろし <作り方> ①ヤンニョムをつくる だし汁を人肌くらいまで冷ましてから、(a)を混ぜます 発酵しやすい環境に置き、しばらくしてよく発酵してから、(b)を味を入れ、さらに置いて発酵させます。 よく発酵したら、冷蔵庫の低温環境で、2週間ほど熟成させます。 ②白菜を塩漬けし、塩抜きする 白菜を根元から切り、濃いめの塩水につけます。(半日〜1日) 翌日、食べてみてうすく塩味がすればそのまま、塩味がきつければ水に浸して塩抜きをしてから、しっかりと干します。 ↓今回は、…

続きを読む