絶食青年の絶食。(笑)

皆さま、こんばんは! 絶食青年、今夜から絶食をはじめます! この記事を読んでくださっている皆さま、よろしくお願いいたします。(?) 本当は、今朝からはじめたかったのですが、ポンデケージョの里子さんが、さつまいもケーキを焼いたと伺ったので、どうしても食べたくて(笑)。 (↑地元産の「紅はるか」を贅沢に使ったケーキ。「紅はるか」は地元鹿児島では安納芋と双璧をなす人気種です。より上品な甘さが特徴の紅はるかが、そのままケーキになったような感じで、しっとりと甘く、至福の一時でした。レシピを教えてもらったのですが、絶食家にはオーブンがなかった...(爆)) ですから、今夜!今から絶食開始です。(午後7時) 最近では、飯山一郎先と薩摩おごじょさんが絶食をされる時に便乗して私も絶食したりしたのですが、今回は約1ヶ月以上ぶりの絶食です。 ☆絶食中に絶食青年が口にするもの あらびき茶/べにふうき 豆乳ヨーグルト (Yayo-Eさんのオリゴ豆乳ヨー寒) フラクトオリゴ糖 塩 蜂蜜 焼酎 (爆) ※焼酎は、時たま口に含む程度です。(笑) ☆絶食中に絶食青年がすること 筋トレ (腕立て・腹筋・スクワット+柔軟) 長めに入浴 飯山先生の新刊、山田鷹夫氏の著書を読む 同じ期間絶食をしても、飯山先生のように体重に変化が無かったり、薩摩おごじょさんのようにスリムになったりと、人によってそれぞれ異…

続きを読む

酒類販売免許 信頼できる人間関係を築くことが最も大切だと感じる今日この頃です。

薩摩おごじょさんと、指宿市に行って来ました! ↑薩摩半島の南端、錦江湾沿い、太平洋に面した美しい街・指宿市。志布志市から車で約3時間です。(いぶすき☆NETより) 今回指宿市に来たのは、指宿市内のとある焼酎の酒蔵にご挨拶に伺って、焼酎の通信販売の許可をいただくためでした。 ↑今回訪れた酒蔵は、明治時代から続く古甕を使って焼酎の仕込み・貯蔵を行っています 薩摩おごじょさんは焼酎の卸・企画を専門とするプロで、鹿児島のみならず南九州全域の酒蔵と信頼関係を築かれている方です。 焼酎に対するハートは、誰よりも熱い!! そんな薩摩おごじょさんに紹介していただいたために、非常に快く先方の酒蔵さまに許可を頂くことができました。 志布志に帰ってからは、酒類販売の免許申請のための書類を、薩摩おごじょさん・酒類販売の先輩の杏仁タイチーくんに助けてもらいながら整え、提出し、そして今週、酒類販売管理研修を受けてきました。 免許申請の審査の結果が出るまで、もうしばらく。 どうなるか、楽しみです! 絶食青年 ◎華奴白馬ラベル【太久保酒造】

続きを読む